薄毛の救世主|AGA治療のできるクリニックを選ぼう

男の人

クリニックで処方される

メディシン

服用量を守ろう

プロペシアは大阪に住んでいる人であれば、AGAクリニックに通うことで入手できます。プロペシアは男性ホルモンの働きを抑制する作用のある医薬品ですので、服用量をしっかりと守ることが大切です。薄毛の症状によってたくさん飲みたいと考える人がいると言えますが、摂取量の上限は1日あたり1mgまでとなっていますので、それ以上の量を飲むことは認められていません。大阪のAGAクリニックで処方を受けるときには、医師の指示に従う必要があります。服用量を増やしたいところで、薄毛の進行を止める効果そのものが引きあげる効果があるというものではありません。反対に費用が高くなってしまうことで、継続的に大阪のAGAクリニックに通えなくなってしまう可能性がありますので、飲み過ぎないように注意することが重要となります。

遺伝子検査もあります

大阪のAGAクリニックで行われている薄毛治療の代表的なものが、プロペシアによる治療です。プロペシアはAGAを引き起こす原因となっている、DHTと呼ばれる男性ホルモンの生成を防ぐことができる医薬品です。プロペシアを1年間服用した患者のうちで、改善の効果が得られた人の割合は約58%、薄毛の進行がなかった人の割合は約98%というデータがあります。頭頂部や前頭部の薄毛を改善できたという報告もありますので、発毛までに至らなかったとしても抜け毛を止める効果があると言えます。大阪のAGAクリニックではプロペシアの投与を行う前に、遺伝子検査を実施しているところもありますので、自分の薄毛の原因がAGAであるかどうかを確認してから治療薬の服用を始めることができます。